FC2ブログ

とれたてのみずみずしさと、とびきりの品質をあなたのもとに。これまでの桃・ぶどうのイメージをまったくチェンジします。山梨ブランドのプライドをかけて農村女性がチャレンジします!

新酒出庫しました

IMG_0402.jpeg

IMG_0401.jpeg

12月21日
菱山中央醸造有限会社 新酒を出庫いたしました。
一升瓶と720ml 2タイプをわずかですが・・
蔵出ししました。

役員の方々、援農隊長ご夫婦、と本当に少人数
わずか2時間くらいで瓶詰め
今年絞っていただいた方々に数量分を割り当てし
役員のかたが、それぞれのお宅に運んでいただきました。

正月のお酒として、新酒で迎えるように
きっと楽しいひと時をこのお酒と共に・・

ころ柿 見えない痛み

IMG_0183.jpeg

12月8日
バイチャンが柿のお世話をいたします。
中で捨てているものがあったので、
聞いてみると
外からはあまりよくわからないのですが
中が痛んでおりました。

これは注意してみていないとわからないくらいの
小さい黒い点がありました。

細かいところをしっかりよくみて丁寧に行うことを
これからも忘れずに食べていただける方を思いながら
時間をかけ、大切に加工を行って参ります。

本当に難しい 加工作業です。
バイチャンありがとうございます。

夕陽に向かって

IMG_0187.jpeg

12月に入りグット寒くなって参りました。

朝は霜が降り、ヤギを小屋から出しに行くのも
ずいぶんと遅くなりました。
ヤギを迎えに行く途中のとても素敵な夕陽でした。

スタッフたちはいよいよ剪定に入っております。
まずは借りた畑、特に家の周りはできるだけ早く肩付けたいものです。
夫、息子を中心にぐんぐん進んで参ります。

大雪に見舞われないように
早く遠い畑を済ませなければなりません。
1日があっという間に終わって行きます。
山羊達も帰りを待っております。

今日も1日ご苦労様
ありがとうございました。
美しい夕陽に 感謝


金属探知機 導入しました HACCP対応も

IMG_0182.jpeg

8月に機械を導入しました。
金属探知機はもちろん加工のレーズン出荷用です。

とても高価な機会ですが・・・
これを導入することで、さらに安全を担保できます。
異物混入はあってはならないことですが
中々高価な機械を導入することは難しい。

申請する予定でしたが、急遽叶わず、
安心安全を現場からも届けられるよう・・
農業ではGAP 加工ではHACCP
危機管理は人にも保険をかけ
1つずつ 1歩ずつ 取り組んで参ります。
まだまだやるべきことは山積しておりますが、
できることを前を向いて取り組んで参ります。

6次産業化 に取り組むことは、とても難しく
しかしやらないことからは始まりません。
ただ美味しいというところは原点の1次産業
しかし加工に取り組むことは 加工業を勉強すること
これからも真摯に取り組んで参ります。




ヤギ達の洗礼 和音強し

IMG_0178.jpegIMG_0177.jpeg

早速 山羊の集団のナンバー2が和音に洗礼にやってきました。

動物はすぐに順番を決めるらしい
和音は果たして何番目になるのか?わかりませんが
決して当たり負けをせず、常にオカマ山羊の力強いメイちゃんと互角に
さらに サツキ君をいつもツノで度付き回しているような勝ち気で
自分が一番の和音さんは 気が立つと娘もどついております。

山羊の群れの中での位置づけはどうだったのか?
後ほど北条さんに聞いてみますが・・・
和音のお母さんも仲間にいるようで、すっかりたくましくなった
娘の姿に微笑んで?いるでしょうか?

どうぞ山羊達 和音とサラをお願いいたします。

和音の実家に種付けに・・・

IMG_0175.jpegIMG_0176.jpeg

大月にある 山羊の楽園?
毎年秋と春に雄のヤギを連れてきたり・・お出かけしたり
雌山羊の乳で今度はチーズをつくる予定の素敵な山羊の牧場
小さい山羊から和音の母山羊まで今は12頭くらいだそうですが・・
繁殖期でこ山羊たちが生まれると大忙し。

広い敷地内では、山羊達は自由に遊びまわっております。
和音とサラを連れ小さい雄ヤギがお越しになっているので
一緒に種付けに1週間くらい預けます。

春にはこヤギが増えるかも???
ちょうど盛りがついてきたサラさんは お母さんヤギになれるのでしょうか?

伊豆のまるカフェ めえちゃんがお越しになりました

IMG_0171.jpeg

黒山羊さんのめえちゃんは 女の子
会うたびに成長しており、だんだんと慣れてきております。
最初はママのそばを離れず、人間以上に人見知りでしたが
今回はどうやら仲間意識で・・ゴツゴツと山羊の挨拶をしていただきました。

早速出勤している畑に一緒に行って草を食べてきたらしい・・
これから 山羊仲間の山梨の大月のログハウスの新築の家に
遊びに行くらしい・・・
山羊仲間 いい感じですね・・・
相変わらずサラと仲良く?ご挨拶をしたらしいです。
強気なサラにタジタジだったでしょうか?

大嘗祭 

IMG_0607.jpegIMG_0581.jpeg

日本の伝統文化 
木材を使用して建造物を建てる技術はおそらく世界1だと思います。
儀式のために建てられた建造物でしたが・・
とても素晴らしく、美しく、まさに 日本の象徴でした。

取り壊されてしまうにはもったいない 
と誰しもが思う建物ですが・・儀式が終わりまたきっと
違うところで活躍しているだろう木材たちは
姿を変えてはいるものの、観に行かれた方々の記憶の中でずっと
残っていくと思います。

それにしても凄い人たちが訪れておりました。
私の記憶の中でもいつまでも素晴らしい建造物として
その姿を残しております。
この機会があったことを本当に感謝しております。

加工の田村先生と菱山中央醸造の皆様と・・

IMG_0161.jpeg

12月7日土曜日
加工の田村先生が新潟から木曽村の加工所の立ち上げで
お越しになっている間に、わざわざ勝沼に加工の指導に来ていただきました。

いつもいつも感謝ばかりです。
先生は全国の加工の指導や機械の指導を行なっておりますので
美味しいものを沢山知っておりますが・・
その中でもお蕎麦もお好きということで、
本日は新蕎麦を無理言って出していただきました。

菱山中央醸造でや役員の方々と新酒の準備のため
ぶどう酒をタンク移動します。
夫と息子、スタッフもお手伝いしていただきながら
作業を進めることもあります。

まずは腹ごしらえをして、午後から本格的に加工の勉強を
行いました。
田村先生本当に感謝ばかりです。
菱山中央醸造の役員の皆様 寒い中ご苦労様です。

皇居の中は大賑わい

IMG_0572.jpegIMG_0148.jpegIMG_0149.jpegIMG_0140.jpeg

12月5日 
皇居の中では、乾通りの紅葉と、大嘗宮を見学にお越しの皆様

凄い凄い人だかり・・
しかし見る価値はとてもあります。
素晴らしい 紅葉と建物はこんなにも人の心に響くのか?

ざっと見ても何万人のレベルです。
本日は天気もとても良く、暑いくらいの東京。
東京駅からも歩いて来られるくらいの場所にある
皇居では、私も初めて中を見ました。

皇居をまだ見たことがない皆さまに
少しのプレゼントです。

皇居 大嘗宮と紅葉を散策しました

IMG_0601.jpegIMG_0149.jpeg

12月5日 11時頃から
既に規制が始まっており、入場できるのは坂下門のみ
全国、全世界各地からとても大勢の老若男女が訪れておりました。

この日、他のイベントに参加するため上京
東京駅近くでしたので、見てまいりました。
それにしても、TDL以上の人何万人いるのだろう・・・
12月8日までの拝観者は全部で80万人 そのうちの一人でした。

乾通りの紅葉は一般公開されるのはこの時だけ、
東京?と思えないほどの静けさや佇まいの高貴な空間
とても美しい 表現できないほどの気品さ
さらにそこから30分くらいかけて大嘗宮へ

いったいどこにこんな場所があったのだろうと思うような
平安時代を思わせるようなそれはそれは素晴らしい建物
12月8日を過ぎると撤去されてしまうなんて・・・

坂下門を入ってから約2時間 門を出るにも30分位

心が現れた素敵な時間と空間を体験し心のご褒美をいただきました。
日本の木の文化はとても素晴らしく
この皇居にお住まいの皇族の皆様、お支えする方々
警備の方々 ありがとうございました。
拝見させていただけることに感謝でした。

こっちこないで・・

IMG_1466.jpeg

恥ずかしがり屋のサラさんは
小屋に入ると角の方に逃げ込んでおります。

小屋からだすと、重機の下に潜ったり
石垣に身体をそわせたりして
いつになったら慣れるのか??
それともヤギはそんな習性があるのか?
他のヤギに比べ家で生まれたにもかかわらず
一番てこずっているサラ

だんだん体も大きくなってどうやら発情期になってきている様子です。

山羊の親子 女王和音とお天馬サラ

IMG_0096.jpegIMG_1455.jpeg

やっぱり ママが好き

来年の1月31日で2歳になるサラはずっと母山羊と一緒
長い間母山羊のおっぱいを吸い続け・・
人間には他のヤギに比べ全く従順ではありません。
今でも 美味しいぶどうの葉っぱや、ぶどうなどは
手から食べますが・・
とても怖がって逃げ出します。

きっと臆病なのでしょうか?
男子チームと女子チームに分かれて寝ておりますが
大きな塩を1つずつ入れていると 
和音がサラをツノで弾き飛ばし自分が悠々となめております。
なんと意地悪なのでしょうか?

寝ている場所も和音は常にふかふかの藁の上
でもやっぱり ママが好きなサラですが
日中は サツキのそばにいることが多いでしょうか?
母ヤギがいないと大騒ぎの サラですが 来年はお母さんに
なれるでしょうか?

 | HOME | 

プロフィール

勝沼から アネゴのぶどうばたけ 物語

勝沼から アネゴのぶどうばたけ 物語

 
ぶどうばたけ 三森 かおりです。
勝沼発 ぶどうの物語をお伝えします。

アネゴこと私 三森かおりが 
毎日?一生懸命
ここ勝沼から発信します。

畑のこと・果物のこと・ワインのこと・
チーズのこと野菜のこと・農業のこと・
家族・スタッフのことなどなど・・・
楽しみにしてください。

活動してますよ・・・・
日々目が離せません

いろいろな取り組みをしております。
興味がありましたら是非
覗きに来てください。

現地でも、農作業体験など、
果物・野菜・ぶどう酒など
楽しんでいただけます。
又農家体験民宿認可されました。

山梨県第1号です。農家の私たちと
一緒に楽しんでみてください。
田舎に帰ってきてみませんか。
私たちは、あなたが来るのを
お待ちしております。

これからもがんばるぞーーー

 

カレンダー

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2サービス