とれたてのみずみずしさと、とびきりの品質をあなたのもとに。これまでの桃・ぶどうのイメージをまったくチェンジします。山梨ブランドのプライドをかけて農村女性がチャレンジします!

取材にきていただいております

IMG_0846_2017070108252575a.jpgIMG_0847.jpg

地元山梨のサンニチ印刷様 県庁の皆様が
取材にお越しいただきました。

今回はレーズン 
自社畑で栽培したぶどうたちを
自社のスタッフが心を込めて作り上げております。
現在は唯一 交付のdデパートで販売しております。

この雑誌はJR東日本 八王子支社の管内でおかれるそうです
8月中旬のお目見え
皆様に感動を与えたい・・

そんなレーズンをお届けしております。

取材の皆様ありがとうございました。

黒系のぶどう達 袋掛けしております

IMG_0826.jpg

オーナーの山田様達

28・29日両日おこしいただき
袋掛けを体験していただきました・・・

大勢でかけるとどんどん進みます。
今年は、袋掛けの前にもう一度仕上げ摘粒を行います
大切に育てたぶどう達是非たいけんしていただくと
もっと感動して召し上がっていただくことができると
思います。

山田様ありがとうございました。

やっと袋掛け はじまりました

IMG_0827.jpgIMG_0828.jpg

いつもの年は 
中々手をかけれずに降りましたが・・

今年は全員で見直ししております。
そしてやっと袋掛けに・・
7月からとても暑くなると言われている勝沼ですが
まだまだ摘粒作業は続きます・・

袋掛け・傘掛け隊 大募集しております。

路地のぶどうも・・

IMG_0814.jpg

先日 山梨市の圃場の畑で・・
ほんのり色ついたデラウエアのぶどうが・・

いよいよ本番 ぶどうたちも
準備に取り掛かっております

今年もきっとおいしい葡萄に

ぶどう泥棒 捕獲後・・

IMG_0716.jpg

かなり被害にあった ハウスのぶどう達

捕獲後は 市役所に出頭ではなく
職員の方がそのまま連れていきました。

一体日本中にアライグマ達がどんどん発生してきて
農産物の被害も拡大・・
ハクビシンも・・・

日本の野生のバランスがどんどん崩れていっております。
やはり 日本おおかみ が 
鹿の子供を始めバランスを取っていただく必要も
あるのかと真剣に考えます。

ぶどう泥棒 捕まえました

IMG_0815.jpgIMG_0816.jpg

ずっと探しておりました

チキンにドーナツ 約半月位
とても大きな アライグマです

すぐに役場に連絡しましたが
小さい折では入りません。
これからますます鳥獣害被害深刻になってきました。

ハクビシンかと思いきや・・大きな泥棒です
被害額 ハウスのぶどう 5万円分くらいでしょうか?
ビニールを常に開けること 修理代
更に 彼らの生息環境があること 

今後もかすます増えてきそうな彼らは 農産物の被害拡大に
つながる気が致します。
共生な世界を築きたいです。

やぎ達に癒やされております

IMG_0780.jpgIMG_0755.jpg

草のある畑には草刈りスタッフとして
毎日毎日 彼らにとってたくさんの草を食べて
どんどん大きくなっていっております

一番小さかったやぎは 一番大きなやぎに
お腹を角で刺されても 負けないように育ってきました。
1頭の女の子は 一番わがままで自分が一番なのは
変わりませんが・・
他のヤギたちも自己主張してまいりました。

お茶の時間はヤギたちも大騒ぎ
お菓子を奪いにやってきます。
スタッフたちにも可愛がってもらい
毎日元気に活躍しております。

素敵な夕焼け

IMG_0781_201706291845277cd.jpg

今日も1日畑の作業を行い

実家の母の御見舞に夫と息子と3人で・・
今まではきちんと見れなかった仕上げ摘粒をスタッフみんなで
行い、そして袋掛けに・・

遅くてもいい
きっと毎年楽しみにいしていただくお客様のために
私達も決して焦らず、丁寧に1房1房愛をこめて
自分たちの自身のぶどうを届けたいと思います
 
今年はいつもの年に増して丁寧に見回っております。
感動を届けるためには 努力を惜しみません。
スタッフにも感謝して今日も1日素敵な夕焼けをご褒美に

勝沼の緑の絨毯

IMG_0778_20170624185316db2.jpg

初夏の勝沼

緑の絨毯が勝沼一面を覆っております。
もちろんこの下では大勢の農家の方が
手塩にかけてぶどうを育てております。

今が一番疲れのピーク
毎日朝から晩まで手を肩の上まで上げ
1房1房粒抜きや 整理・手入れなどを行っております。

時々の雨は 気落ちが落ち付きます。
周りの方々がどんどん袋がかかると
焦りもありますが・・
丁寧に袋掛けまでは見直しをしてから

今年はゆっくり育てます。

雨の日でも ぶどうの作業は続きます

IMG_0764.jpgIMG_0762.jpg

久しぶりの雨

スタッフは平井さん以外誰も休みは取りません。
本日はびにーるの屋根がかかっている最ドレスの畑で
いろいろなぶどうの粒抜き作業を行っております。

ゴチゴチしているのがウインク
こんなに早い時期に粒が抜けるなんて・・
下のぶどうはニューナイです。

周りの畑ではどんどん袋掛け作業が行われておりますが・・
今年は焦ることなく 予備作業もう一度 袋掛けの前に
確認してから袋をかけます。

今年はみんなできちんと確認しながら勧めております。

峡東地域 果樹農業 日本農業遺産認定 最終プレゼンテーター

農水省にて 最終プレゼンテーターは
三森 斉 がいたしました。

私たち 三森家 は 有限会社ぶどうばたけ 菱山中央醸造 
NPOえがお勝沼 未来を紡ぐ勝沼協議会

を運営に関わっております。
その中でも 地域の醸造や 協議会での活動 耕作放棄地問題
など・・
主体的に考え 行動することから 行政・地域・参加していただいた
方々に多大な協力をいただき 実行することができました。

これからも活動を続けながら 日本世界遺産に恥じないような
地域の宝物を皆で作っていきたいと思います。

今後も応援してください

勝沼の日川でホタル発見

IMG_0746.jpgIMG_0751.jpg

平家ほたるでしょうか?
先日借りている畑の前の日川で夜東京出張に迎えに来てくれた
息子が忘れ物を取りに 本日の畑 メルシャンワインの近くの畑
に行ったところ・・

ホタルが1匹だけ偶然に飛んでおりました。
中々勝沼ではホタルを見ることはめったにありません。

これから勝沼でも水辺にホタルが飛ぶような・・
そんな自然溢れる地域になって欲しいです。

山梨フルーツ王国 さくらんぼ狩り

IMG_0714.jpg

先日大きなバスの事故も
山梨にさくらんぼ狩りのツアーだったかと思います。
京阪からも南限の山梨にさくらんぼ狩りにお越しのバスツアーが
たくさんお見えになっております。

これから桃狩り ぶどう狩り・・
ああ山梨はフルーツ王国
是非お越しください。

温実ぶどう 今年初めて売店販売いたします

IMG_0715.jpgIMG_0716.jpg

6月17日
売店にて 初めて温室ぶどうを販売いたします。
父の日ようでたくさんでありませんが・・
お求めの方是非お早めに連絡ください。

おまちしております。

自家製野菜に感謝

IMG_0718_20170618090011f3c.jpg

毎日スタッフの平井さん 夫が水やりをしていただき
こんな立派なキュウリを収穫することができます。
自分が育てた農産物を自分が食べる
自給自足とはいえ とてもありがたい
田舎で良かったと思う 1つでもあります。

とても愛おしくいただきました。
ありがとうございます。
ごちそうさまでした。

いすみ鉄道 講演最高でした

IMG_0709.jpg

千葉県 いすみ鉄道
この鉄道を立て直した講演を伺うことができました。

6月15日 日本農業法人協会 総会の講演です。
地域の農業を支えている全国からお見えになった農業界の方々も
とても良かったと・・素晴らしいパフォーマンスも
聞いていて引き込まれるお話
とても大切に地域の方とのつながりや、当たり前のことを
視点を変え特別な素晴らしさに変える

是非千葉に行ってみたい 感動したお話でした。
ありがとうございました。

房作り講習会 ぶどうばたけ

IMG_0670 (1)IMG_0674 (1)

これから始まる 粒抜き作業について

講師  三森斉
講習会 ぶどうばたけ 圃場にて

時々研修会を行います。
わかっていることでも、忘れてしまったり
曖昧だったり・・
農協が主体の研修会にも参加しますが・・
スタッフみんなで確認が必要です。

毎日毎日 皆真剣で取り組んでおります。

毎日 ヤギヤギタイムで癒されております

IMG_0617.jpg

会社が終わる18時

ヤギ達も小屋に入れる準備を行います。
もちろん19時近くまで作業をしたりしている時も・・
1日が終わり、毎日の疲れをこのヤギ達が
癒してくれます。

マロンが亡くなってから 犬を飼うのは考えていませんでした。
このヤギ達はペットではありません。
除草のためのスタッフです。
毎日小さいながらも頑張って畑で活躍していただいております。

夕方になると人懐こく膝に入ってきたり・・
遊んで欲しくて突いてきたり・・
個性が出てきております。

本日も癒されております。
ありがとう ヤギヤギ・・

ぶどうの傘掛けは・・

IMG_0679_20170612125950347.jpg

ぶどうには傘掛けが必要です

高温多湿な日本では 棚栽培を行なっております。
これも病気にならない1つですが・・
この傘で 病気・鳥・日除け・消毒などから守っていただく
大切な傘です
雨が一番でしょうか??

この後には粒抜きが待っております。
傘掛けが終わるとデラウエアは一安心です。

自社では粒抜き作業が1ヶ月以上続きます。
頑張って作業いたします。

花カス落としには・・

IMG_0638.jpgIMG_0640.jpg

ほうきを使って丁寧にさするように
ぶどうを払っております。

こんな作業を2回
1回目はジベレリン処理の前
2回目はジベ付けした後の雫が房につかないように
丁寧に払います。

さらに傘をかけて・・
粒抜き作業を行います。

ぶどう達はとても大切に育っております。

花カスから病気に・・

IMG_0634.jpg

これはデラウエアの今の姿です。
これから成長して素敵な甘いデラウエアに・・

しかしこの茶色ものは花カス です。
こちらをそのままにしておくと傷などや病気になる
大きな要因でございます。

1房1房 ジベレリン処理を2回
花カス落としも容易ではありません。
丁寧に行います。

中学生の校外学習です。

IMG_0665_2017061018192585e.jpg

東京の中学校の校外学習で自社にお越しいただきました。

晴れたので、急な斜面の甲州ぶどうの傘かけ体験を行なって
いただきました。
まずは代表のありがたい 山梨の農業の話、勝沼のぶどうの話
勝沼中学校の農作業のお手伝いの話などを聞いていいただき
いざ出陣 皆1人1人ホチキスを持ってきていただき・・
頑張って傘をかけていただきました。

何か少しでもこの作業が記憶に残っていただき
農業が身近に感じていただけることがありますように・・
そんなことを切に願い 受け入れました。
来ていただきた 中学生、先生方 お疲れ様でした。
準備していただいたスタッフの皆様ありがとうございました。

怪我がなくてよかったです。

急斜面での作業は大勢のスタッフで・・

IMG_0626.jpg

ここは一番斜面が急な 上がりっと と呼ばれる畑です。

今甲州ぶどうの房作りを行なっております。
本日は大勢のスタッフが揃いこの畑の作業を行なっております。
ヤギ達もやってきました。

大勢のスタッフと一緒に行える幸せ・・
あっという間に作業が終わり 家族4人で行なっていた時は
この畑 1日がかりで行なっておりました。

すごいすごい マンパワーは偉大だなーーーーて感動しました。

JGAP 指導員免許取得できました

IMG_0614 (1)

オリンピックに向けただけでなく・・
最近 農業界の話題の1つに JGAP があります。

山梨県でもこれから山梨GAPでオリンピックに出すぶどうを
指導されるようですが・・
まずはどんな仕組みで、何が必要でどうしたら良いのか?
農水省の農業女子プロジェクトの中の佐藤ゆきえさんのところに
伺いに行ったり、指導をしていただける日本農薬の高畑さんも
ご紹介いただいたり・・

スタッフと一緒にお話を聞いたりしましたが・・
まずは私から勉強して何を学んだら良いのか?
勉強して参りました。

これから1つ1つ取り組んで参ります。
もちろん簡単ではありませんが・・
次世代のために今必要なことの1つであります。

皆様応援してください・・

デラウエア2回目のジベ処理始まりました。

IMG_0679_20170610181930950.jpgIMG_0661.jpg

ぶどうの房作りをあと少し残し
本日から2回目の意jベレリン処理を行いました。

気がつくともう畑に傘がかかっている場所もあり・・
今年は昨年より畑の面積が減っているので・・
スタッフにもいつもよりゆとりがあります。

ジベ付けを行うスタッフの前に、ふさの整理を行い
1回目のジベ処理がおこわ慣れていない房や、
棚の上に飛び上がってしまい、
作業に時間がかかる房を棚下に下ろしたり、
花カスが飛んでいないものを触って落としたり・・
長くなっているものを切り詰めたり

処理をする前に整理する人、ジベ処理を行う人
後ろからほうきで液を払いダマにならないようにする人
最後に傘をかけて終了です。

雨に当たらないように傘がかかると良いです。


勝沼朝市 6月・7月お休みいたします

IMG_0276.jpgIMG_0277.jpg

連日 畑の房作りを行なっております。

今年は畑が少なくなってきておりますが・・
ぶどうの樹が大きくなっております。
だんだん広がってきているぶどう達
今年も一気に花が咲き乱れ
ヤギの手も借りたい・・

いいぶどうを栽培するため、2ヶ月間は
お休みいたします。

ハウスのぶどう初収穫

IMG_0594.jpg

紅バラード・デラウエア

もうすっかり糖度ものって食べられるぶどう達ですが
今回は東京からお越しの方々にお土産でお持ちしました。

まだ仏様にもあげておりませんが・・
とても喜んでいただけました。
まだ完全に美味しくなるまでには時間がかかりますが
これからとても楽しみです。

美味しくなるまでお待ちください。

ツバメの巣立ち

IMG_0578_20170529082137230.jpgIMG_0577_201705290821385ff.jpg

気がつくと ツバメが巣立っておりました。

今年は3月の中旬から巣作りの準備を始めました。
卵を産み、温め 雛になり カラスを始め危険と思われる
外部の者から守り大切に育ててきた子供たちは
すくすく育ち 1週間前から巣立つ準備を始めました。

今年は時間がかかって巣立ちましたが
親鳥はとても気を使って育てておりました。
人間もツバメも同じです。

親鳥達 お疲れ様でした。
本日からまた次のカップルがやってきております。
第2次出産はまた違った鳥達でしょうか?

トンボ発見

IMG_0282_20170601123958221.jpg

ぶどうの作業中
トンボ発見 夏ですね・・
なんだかホッとする そんなひと時です。

強風が山梨を吹き荒れ
すももやさくらんぼが落ちてしまっている地域も
朝晩が急に冷えてきております。
寒暖の激しい毎日 
スタッフ一同 頑張ってまいります。

今日から6月

IMG_0500_2017060112400398d.jpg

毎日毎日
とても忙しい6月
ぶどう農家は大忙しの6月。
今年はゆっくりだった成長が急の暑さで、ぶどうの花が満開
どこもかしこも咲き乱れております。
そんな忙しい中
ヤギ達に癒されております。
一番小さい メイ はあまり大きくなりませんが
最近は大きいヤグ達に向かっていくようになりました。
頑張れ・・
暑いので水分、塩分補給に注意しお過ごし下さい。

 | HOME | 

プロフィール

勝沼発 アネゴのぶどうばたけ 物語

勝沼発 アネゴのぶどうばたけ 物語

 
ぶどうばたけ 三森 かおりです。
勝沼発 ぶどうの物語をお伝えします。

アネゴこと私 三森かおりが 
毎日?一生懸命
ここ勝沼から発信します。

畑のこと・果物のこと・ワインのこと・
チーズのこと野菜のこと・農業のこと・
家族・スタッフのことなどなど・・・
楽しみにしてください。

活動してますよ・・・・
日々目が離せません

いろいろな取り組みをしております。
興味がありましたら是非
覗きに来てください。

現地でも、農作業体験など、
果物・野菜・ぶどう酒など
楽しんでいただけます。
又農家体験民宿認可されました。

山梨県第1号です。農家の私たちと
一緒に楽しんでみてください。
田舎に帰ってきてみませんか。
私たちは、あなたが来るのを
お待ちしております。

これからもがんばるぞーーー

 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2サービス

FC2Ad